2009 年 7 月のセキュリティ情報

マイクロソフト社より 2009 年 7 月のセキュリティ情報が公開されました。対策には修正プログラムの適用が必須ですので、該当するユーザは「必ず」インストールしてください。

MS09-028 Microsoft DirectShow の脆弱性により、リモートでコードが実行される (971633)
MS09-029 Embedded OpenType フォント エンジンの脆弱性により、リモートでコードが実行される (961371)
MS09-030 Microsoft Office Publisher の脆弱性により、リモートでコードが実行される (969516)
MS09-031 Microsoft ISA Server 2006 の脆弱性により、特権が昇格される (970953)
MS09-032 ActiveX の Kill Bit の累積的なセキュリティ更新プログラム (973346)
MS09-033 Virtual PC および Virtual Server の脆弱性により、特権が昇格する (969856)

適用すべき修正プログラムが分からない場合でも Microsoft Update を利用することで必要な修正プログラムを自動的に検出します。

Microsoft Update 利用の手順 (Windows XP 以前)
Microsoft Update 利用の手順 (Windows Vista)

マイクロソフト社がこれまでにリリースしたセキュリティ情報のバックナンバーは http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/secinfo.mspx で参照できます。

About the Author

情報システム室

Comments are closed.